精密機器メーカーで働くための学部選び

>

どのような人材が求められるのか?

資格は必要?

精密機器メーカーでは、高度な技術製品の開発・製造を行っていますが、働くうえで特別な資格が必要とされることは少ないです。
業務で必要な知識やスキルは、会社に入ってから新入社員研修や自分の能力を高めるためのさまざまな研修があるので、勉強していくことができます。
ただ、研究開発や設計、品質管理といった技術系の職種に就く場合には、理系の知識が求められることがあります。
精密機器メーカーに勤務する前の準備として資格をとるなら、海外とやりとりすることがあるメーカーも少なくないので、TOEICや実用英語技能検定などの英語力を高める資格や、最近では手書きで設計することはほとんどなくCADソフトを使って設計をするので、CAD利用技術者試験などの資格があると自分の自信にもつながるのではないでしょうか。

どんな人が向いてる?

精密機器メーカーで働くには、どんな人が向いているでしょうか?

機械いじりが好きで、ものづくりを根気よくコツコツとできる人であったり、新しいことにアンテナをはって積極的に学ぶ意欲のある人。いろんなことに興味があり、広い視野を持って発想力が豊かな人。
精密機器メーカー業界は、技術の進歩は非常に速いので常に新しい技術に目を光らせて、求められるニーズにこたえようとより良い製品開発に取り組んでいる人は、精密機器メーカーの仕事に向いているでしょう。
また、誠実でコミュニケーション能力があり良い人間関係を築くことができる人、社会人として基本的なことが備わっている人は、精密機器メーカーにかかわらずどこの会社でも好まれるでしょう。


TOPへ戻る